奥村・秦カーブ

周波数・送信電力・距離などのパラメータを入力することにより各環境ごとに目安となる電界強度/受信電力の計算ができます。

基本入力項目

❶ あなたの使う無線の周波数をMHz単位で入力してください

周波数  MHz


❷ 送信電力をdBm単位で入力してください

送信電力  dBm --> 


❸ 通信距離をKm単位で入力してください

距離  km


詳細入力項目

❹ アンテナの高さ

送信側  m

受信側  m

❺ アンテナの利得

送信側  dBi

受信側  dBi

 対数/真数

 電界強度/受信電力

奥村 – 秦カーブとは?

奥村 – 秦カーブ(奥村 – 秦モデル)は奥村善久氏がマイクロ波・移動無線(自動車電話)・セルラーの開発段階で無線機器の電波伝搬特性を開放地、郊外、中小都市、大都市の異なる環境で実測した集計データを元に作成した近似したカーブ(モデル)です。携帯電話網の構築に活用され、現在でも幅広く使われています。

このカーブは中・長距離での活用を目的としている為、無線機器間が数十メートルの近距離では差異が大きくなります。また選択する環境によっても結果が異なるため、あくまで受信電力のマージンを確認するための目安のひとつとしてお使い下さい。